2015年10月05日

ヨガと武術を基盤とした身体操法について

来週はヨガと身体操法の講習会があります。


内容について少しお話し。

ヨガでは無理なく、無駄なく続けるために、色々なアプローチで行っていきます。例えば、1つの動作と呼吸を深く観察していくやり方。いくつかの動作を連続して行いながら、呼吸や心身の状態を観察するやり方。手や耳、足が身体全体にどう影響、関連しているのか等々。


またヨガは身体が硬いと難しいとか、男性だと何だか参加しにくいと思われてる方も多いと思います。ですが、私もはじめは硬かったですし、男性です。
ヨガは自分自身を深くみつめていくものであり、他人と比べたり、単に身体の柔らかさを追求していくものでもありません。続けていくうちに自身の身体と心の変化に気付いていくと思います。今は何でも頭で考え過ぎて、素直に身体が動いていかない人が多いように感じます。
例えば、ある動作をするときに「あぁ〜、どうせこんな難しい動き、俺には無理だよ」と考えてる人がいるとします。でも他の人から見れば、何故?何故やってもいないのに無理だと言えるの?そう思うかもしれません。これは頭が働き過ぎの典型的な例ですが、こういった人はただやるという事が中々難しいです。ヨガはこういった頭で考え過ぎの人に身体で考え、感じる事を教えてくれます。できるかできないかではなく、やるかやらないか。まずはそこからだと思います。やろうとする事が肝要です。

和気あいあいとしながらも真剣に行っていますので、ヨガに興味のある方、自分の裡を変えていきたい方、身体を動かしてスッキリしたい方等々、お待ちしております。





身体操法ではまた違った形で自身の心身を観ていきます。普段の偏った動作、癖、習慣化した動きを古武術、武術を基にした身体の使い方を通じてより効率よく、楽に動ける身体づくりを目指します。動くときの意識の向け方、ちょっとした身体の使い方を変えて行くだけで動作はかなり楽になります。また普段運動されている方も、違った視点で身体を観ていく事でより疲れにくく、効率よく動いていけるようになります。

やる内容は、立つ、座る、歩く、捻らない動き、蹴らない動き、接触系の稽古、体術(痛い事は殆どやりません)等々様々です。


日常生活をいつもよりちょっと楽にしたい方。
武術、武術的な身体の使い方に興味があるけど、敷居が高くて中々行く決心がつかない方。
体術の稽古をしたい方。
スポーツをやっていて身体を壊しがちで、何か違うなぁと感じてる方。
たまたま見てちょっと興味のある方。
それ以外でもご縁を感じた方は是非!お待ちしております。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。