2015年08月15日

それぞれの個性が垣間見えた第2回GM happy コラボレーション



本日は金山孝之さんとの第2回GM happy コラボレーションで講師としてお招き頂き、ヨガと体術について講習させて頂いた。


前回と違い、今回はホワイトボードがお借りできたので、視覚による印象にも少し残ったのではないかと思う。


武術もそうだけれど、ヨガでも普段聞いたことのないような言葉が多く出てくるので、話し言葉だとどういう漢字なのか解らずにイメージしにくい部分があるのではと思った。そこで金山さんにお願いしてホワイトボードをお借りすることができた。


始めは金山さんの剣術、杖術の講習。
金山さんをはじめ、皆さんかなりの集中力でやっている。私とは対照的?な講習で、いつもあぁ、凄いなぁと感心してしまう。苦戦している方にも真摯に向き合い、丁寧に教えている姿がとても印象的であった。LIVEの臨場感も出ていて、形式通りやる講習とは違った面白さがある。金山さんの剣術、杖術に対する情熱がいつも溢れんばかり伝わってきて、そんな方から指導してもらうのは本当に幸せだなと感じる。今回も拝見、体験させて頂き大いに勉強になりました!


さて、私の番。
始めは座学で三密、緊張と弛緩、丹田についてざっくりお話しさせて頂く。どこまで伝わったかわからないが、取り敢えず自分に意識を向け、集中して、心と身体の変化に気付いていくのがヨガの重要な事の1つだという事を伝えたかった。それはどんな些細な動きや仕事でもそれを行なっていく事で、ヨガになる。なので一流と呼ばれている人はみんな自覚してなくても結果としてヨガ的な考えや実践をしている。

そんな感じで座学はおわり、軽く準備体操をして、丹田強化法に移る。その前に呼吸鍛錬をして呼吸に意識を向けてから、丹田強化法に移る。前回り、後ろ回り、ジャンプ、ほふく前進、魚etc。色んな動きで身体の色んな部分に刺激を与えて目覚めさせる。
感想は、回るとクラクラする(日常生活で回る事は滅多にないから仕方がないが)。
ほふく前進の時に腰が浮いた(股関節まわりが硬くて、ペタッとくっつかない)。
終わった後、動きやすくなった。
それぞれ気付いた事はあったと思う。
なんとなくではなく、気付いていけるのが重要。というわけでこう言った意見が聞けたのは良かった。


体術に関しては接触技法と日常動作の強さについて少しやった。力みがあると滞りが強く、適度に抜けて何気ない動作が出来ると技が通りやすくなる。皆さん体術にも興味がある様なので、こちらも紹介できて良かった。




お盆にも関わらず参加して下さった皆様、ありがとうございました!
そして、このような楽しいイベントを企画運営をして頂いた金山さんには、感謝してもしきれません。本当にありがとうございました!また機会があれば是非ともよろしくお願い致します。



posted by シンイエ at 21:46| Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。