2015年04月20日

身体操法講習会 〜卓球〜

先日は、身体操法をご指導させて頂いている卓球スクール夢想塾での講習だった。
夢想塾ブログ
http://ameblo.jp/musou-juku/

ここでは講習に来られる方が皆さん元気で、そして熱心で、こちらもご指導させて頂いていてとても勉強になる事があるし、もっともっと伝えたい!という気持ちになってくる。

和気あいあいとしながらも、皆さん自分の身体とよく対話していて気付きを得ていっているようだ。今回の内容は、肩甲骨の動きから入り、手の握り方の違いについてと杖の動作について行った。


肩甲骨は普段、運動をしていない人は意識することがあまりない。運動している人でもついつい忘れていたりする。そういった人は肩甲骨が思うように動かせない。肩甲骨に意識がいっていないのと、その周辺が硬くなっていて動きを制限してしまう。という訳で肩甲骨の可動域を拡げる運動を行った。肩甲骨を上げる、下げる、寄せる、開く等々、色々な方向へ動かしていった。
肩甲骨周りが硬直していると、肩も上がりやすくなってくる。そういう時は、肩を落とすという感覚よりも、肩甲骨を落としていくという感覚でやった方が、肩が落ちやすい。

IMG_3856.JPG

という訳で肩甲骨が動いている所を確認してもらっているところ。
これをやると大抵の方からは「気持ち悪い」と言われます(笑)。別の生き物が動いているみたいに感じるようです。





手の握りについては、普通にギューッと握る状態と包み込むように握っていく状態との違いを検証。たったそれだけでも大きな違いがあります。また、身体のまとまり具合も変わってきます。

IMG_3890.JPG


杖を通じて捻らない、身体の連動、道具に馴染む稽古をしていきました。普段、意識しない肩甲骨も大いに動かしていき、可動域も広がります。

ここに来られる皆さんは、杖に対して熱心に稽古しています。杖は頭で考え出すとたちまち、どちらの手が前で後ろでどちらの足が後ろで前?といった具合に混乱します。身体の感覚に従う練習にも良いです。

IMG_3864.JPG

aaa.jpg

ここでの講習は、皆さん反応がよく積極的に発言して下さるので、こちらも学ばせて頂く事が多いです。また卓球以外でも、日常生活や他のスポーツについても色々とお話しさせて頂いたりするので、とても刺激になります。今回もありがとうございました!




posted by シンイエ at 09:47| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。