2015年08月31日

9月のヨガ、身体操法講習会日程 海老名 伊勢原


9月のヨガと身体操法の講習会日程です。
海老名、伊勢原共に1日ずつ行います。


海老名ヨガ

日程:9月26日(土)

時間:10時30分〜11時30分
受付:10時15分〜

参加費:1000円(施設料込み)
※初めてご参加の方は500円です。


海老名身体操法講習会

日程:9月26日(土)

時間:12時〜13時30分
受付:11時45分〜

参加費:1500円(施設料込み)
※初めてご参加の方は1000円です。


伊勢原身体操法講習会

日程:9月4日(金)

時間:19時30分〜21時
受付:19時15分〜

参加費:1500円


古武術、武術を基にした身体操作は、部分的ではなく全体的にバランスよく身体を使っていく運動です。
肩や腰、首などが凝りやすい方、日常生活で疲れやすい方におすすめです。
効率のよい身体の使い方を知って日頃の動きやスポーツの動きを見直しませんか?
立ち方、歩き方、座り方から始まり、発想の転換をする事で、今まで何となくやっていた様々な動作を見直しませんか?普段無意識に身体を酷使してしまい、気付いた時にはもう疲れ果てていた。
そんな身体の声を聴いて行くのは大切です。色んな動きを通して身体からの声を丁寧に聴いていきます。
激しい運動はほとんどありませんので、初めての方でも軽い運動が出来る方であれば、どなたでもご参加出来ます。


老若男女問いません。ご都合のつく方、ピンと来た方、少しでも気になる方は是非どうぞ!のびのびとやっていますので、気軽に来てみてください!


*運動しやすい服装でお越し下さい。
*場所は海老名駅、伊勢原駅から徒歩圏内です。
*詳細な場所はメールを頂いた方にご連絡致します。

ご質問やお申し込みはお気軽にお問い合わせ下さい!


posted by シンイエ at 23:11| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

密な身体



先日、甲野先生の講習会のアシスタントをさせて頂く機会があった。

その時にご一緒させて頂いた武術稽古の先輩であるKさんとの稽古の中で、また改めなければならないなぁと感じる所がどんどん出てきた。

動きの緻密さ。
身体の密度。
左右の動きの連動性。
等々。


色々な事を教えて頂きながら、自分が最近感じていた事と質は全然違うけど繋がっていたので、方向性はそこまでズレていないんだなというのを確認できた。そして自分の粗さを痛感した。まだまだ全然粗い。


やはりこういったことは、その道を歩んでいる方と稽古しないと分からない。金山さんとの稽古もそうであるが、想うところがあって、それを実際に動きの中でやろうとすると全然上手くいかなかったりする。全く武術やそういったものに触れてこなかった人とは違う独自の身体の質が武術をやっている方にはある。その中で検証していけるのは本当に貴重であるし、有り難い。


最近はまたひとつの事に囚われている感じがしていたから、新たな風を吹かせて頂いたKさんには感謝致します。


今までには無かった感覚が出てきて、これからの稽古が楽しみだ。


posted by シンイエ at 12:51| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

方向性と共通性



先日は伊勢原で卓球の方々向けの講習会を行なった。


最近は方向性の重要さを感じている為に、それに関連した内容となった。


はじめに手を前で組んでグーッと伸ばしてもらう。肩甲骨も突き出すようにして伸びていく。実はこの状態で、ある程度構造がしっかりする。これを崩さない様に歩を進めていけば止めている相手を押して行ける。この時も手は前、肩甲骨は後ろにグーッと伸びていく様にそれぞれの方向性を明確にしてやると、構造が崩れにくくなる。


ある技や動きに対して、1方向に全てを注ぎ込むと寄りかかる事になりやすい。寄りかかりると蹴る動きになりやすく、動きのメインが上半身になりやすい。こうすると正に浮ついた動きになって足元が弱くなる。これもその昔甲野先生が仰っていた事かもしれないが、それぞれの方向性を混ざらないようにして動かす。そうする事で身体に張りが出てきて、力みとは違った構造の強さが出てくる。
テンセグリティーを思い出す。


今、ヨガでもそういった種類のものが出ているが、やはりヨガからの気付きも大きい。先日行ったヨガの講習で方向の重要性を気付きそれからの展開となった。


あー、やはり自分は一つの事を一意専心すると、却ってそれに囚われる事になってしまうなぁとつくづく感じた。
これは一つの道を精進していられる方にはあるいは批判を受けるかもしれないが、私は根本のところで、つまり身体のところで繋がっているので、その人間自身を高めて行くために、自分の目で観て確かめてこれならと思うものをやっている。なので武術やヨガにも必ず共通した身体の使い方があるし、武医一如という言葉もある通り、生かすも殺すも紙一重な部分がある。その共通した身体の使い方を学ばせて頂き、研究し、発見、気付きがあると、身体を通した喜びがある。色々やる事で、なるべく囚われない様に注意しながら学ばせて頂いている。


何だか難しい事を言ってると感じるかもしれないけれど、要は面白い、それに尽きます。こんなにも自分の1番身近な存在である身体が、こんなにも未知で分からないもので、それを探求していく事で自身の中に起きる気付きによる変化。それを感じる事でまた一味違った自分に変わっていくのが何とも言えない良さがあります。


勿論、楽しいことばかりではないが、それも含めての楽しさ。


話が逸れてしまったが、とにかく色々な身体の使い方を通して自分自身を再発見している感がある。おーい、ここだよー!と言われてかる気がして、気付くとやっと気付いたかと言われてる気がする。文章で書くと変人感が増す(笑)


閑話休題。


その後は色々な動きの方向性で張りを認識して、杖術へ。


杖では水車と四方突きを行った。
水車では握らない事と受け取る手の側の小指から握り込む様に意識してやって行った。やはり親指が介入し始めると肩が上がりやすくなってしまう。慣れてきたところで今度は足も連動させて行う。始めは杖と手、足の連動がバラバラであったが、徐々に形になってきてこちらが嬉しかった。ただ、重心が前へ行ったり後ろに行ったりとブレやすいために、安定して行うとまた違った感覚になると思う。
四方突きは以前やった事があるが、皆さん見事に忘れていてはじめから行った。前後は良いがやはり左右の時の足の差し替えと手の連動に苦戦していた。杖を滑らせる感覚、握りしめない事を感じるにはこの四方突きは良いと思う。



その後の卓球では、杖を操作した時の感覚が残っていたらしく、ラケットが振りやすくやりやすいと仰って頂いたので良かった。


やはり関連性を見つけながら色々な動作を見て行くと発見があり、面白い。




posted by シンイエ at 00:26| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。