2015年05月11日

高田馬場での有意義な稽古


本日は高田馬場で金山孝之さんとの稽古であった。この稽古は月1回が恒例となってきて、毎回、金山さんには杖術や剣術をご教授頂いている。私が伝えられる事はあまり無いが、情報交換の場、交流稽古の場としてこの月1回を大切にしている。

今回は稽古半分、話半分の様な感じだったが、とても有意義な時間が過ごす事ができた。色々な話もでき、お話も頂いて、恐縮な気持ちと共にワクワクがあり、これからの展開がとても楽しみになってきた。


ヨガについても話し、呼吸法やアサナ(ポーズ)の意味、内観についても少しだがお話しさせて頂いた。


杖術と剣術は改めて脚運びの難しさを感じ、研究を深めて行かなければという想いが強くなった。膝の打ち抜き、それに見合った身体の連動、纏まり、それらがバラバラではなく、合った動きにならなければならない。ピタッと合った感じはとても気持ちが良いが、バラバラになっていると何処かが詰まり、苦しい。やはりこのイヤな感じを手掛かりに稽古していくのは大事だろう。
重心の置き方や軸の位置などの話も出てきて、話していると話題が尽きない状態となっていた。話だけでも2時間はあっという間に終わるだろうが、稽古の場なので、稽古させて頂く。太刀の重みも少しは良くなったと言って頂き、嬉しかった。それに伴い改善点もドンドン出て来る。
まあそれが楽しいのだけれど。


しかし今回驚いたのは、やはり甲野先生の術理である人間鞠(にんげんまり)の威力であろう。最近はご無沙汰で、この前久しぶりに甲野先生と少しだけ手を合わせる機会があったが、足元から浮かされて、今までに経験した事のない感触だった。


今回、体術の稽古の時に、金山さんが人間鞠を切り落としに応用していて、かなり重みの質が違っていて驚いた。力感もなく、スーッと落ちてくるので上手く抵抗もできない。これはと思い、私も人間鞠を応用して切り落としや浪之下を行ったが、今までより圧倒的に楽で、威力もあったようだ。対人で試したのは初めてだったので、えっ本当かなという位自分の中では効きが良かった。


やはり、腕や足を少しでも意識するとそこの働きが強くなり、結果として詰まってくるのだろう。ただ落ちる。それだけの事が難しい。人が普段どれだけ様々な事を考え、予測して行動しているかがよく分かる。


2時間の稽古はいつもあっという間に終わり、稽古の指針というお土産まで頂いて帰る。金山さんと稽古させて頂くと、今の自分にどの部分が欠けているか、どういう動きが自分の感覚を練っていけるかを的確に導いてくれるので、本当に学びになり、時間の感覚も忘れる位集中ができます。私は何よりもその生き方を尊敬しますが。


本日もありがとうございました!
また来月もよろしくお願い致します。



posted by シンイエ at 20:16| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

俳優の堺雅人さんの姿勢がとてもきれいだなぁと思う。
様々な役を演じている堺さんですが、共通しているのは姿勢の良さなのではないかな。


強烈な個性の顔や体型、話し方や雰囲気、存在感の方は多くいるが、姿勢という観点から目に留まったのは堺さんが初めてかもしれない。
それほど作品は多く拝見していないのだけれど、やはりどれも姿勢がきれい。


姿勢がきれいだと、見ているこちらも姿勢がスッと伸びてくるような気がする。
私自身、姿勢はずっと悪かった。身長のせいにしたり、環境のせいにしたりして、姿勢を正すという事に向き合ってこなかった。大学時代に歩いていたら、知り合いから「下見てたら前ぶつかるよ」と言われたのは今でも心の中に残っている。それ位姿勢が悪かった。
武術稽古やヨガをやり始めてそれらは徐々にではあるけれど、変わっていった。


身体の偏りや歪みの修正、力まない事、筋を伸ばす事や、使い方を工夫する事を通して様々な部分を観てきたが、今は首を観ていく時期らしい。だから堺さんの姿勢が気になり始めたのだろう。堺さんは首に姿勢の特徴が表れているように思う。
首はよく、顎を引いて天を突くように首を伸ばせ、などと言われている。


以前、ヨガの講習で丹田強化法というものがあり、その中で両腕の肘を曲げた状態で掴まれて、それを気にせずに前へ走り抜くという内容のものがあった。この時、普通に前へ行こうとすると身体は出ていくのだが、腕が置き去りになってしまい、中々前へ進む事が出来なかった。そこで少し工夫して、首の辺りから頭頂を突き抜けて角が生えていく感覚を想像して行ったところ、何ともあっけなく前へ進めてしまったことがあった。これは首が整って、結果として身体が纏まったのだと思う。その時はその一瞬だったが、最近その首の感覚に気付いてから、首を伸ばす様にしていると、肩甲骨が閉じ気味になり纏まっているのだと気付いた。反対に顎を前に出し気味にして、首の力が抜けきっていると、肩甲骨が開き気味になり纏まりがなく、猫背になってくるように感じる。


1つの部分が修正されていくと、他の部分も結果的に修正されてくるのは身体の面白いところである。ホリスティックだと身体は、「木を見て森を見ず」ではなく、「木を見て森も観る」という考え方である。全体の中に部分があって、部分の中に全体がある。この部分を観ていったら、結果として他の部分や全体が関連している。
それは身体だけでなく、心にも密接に繋がっている。


姿勢がよろしくないと、気持ちの面でも不安定になりやすい。みぞおちが固まり、イライラしやすくなり、身体への負担も大きい。姿勢が整っていると、気持ちも安定し、落ち着いた感じになり、イライラも対処しやすくなる。
気持ちいい表現をする人に、背中が丸まってうずくまる人はなかなかいない。
気持ち悪い表現をする人に、背中を反らせて伸びをして表現をする人はなかなかいない。
身体の姿勢は心の姿勢にも表れるという事だろうか。





posted by シンイエ at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

5月の講習会日程

5月の講習会日程です。
海老名、伊勢原共に1日ずつ行います。


海老名身体操法講習会

日程:5月16日(土)

時間:15時30分〜17時30分
受付:15時10分〜

参加費:2000円(施設料込み)
※初めてご参加の方は1500円です。


伊勢原身体操法講習会

日程:5月29日(金)

時間:19時30分〜21時
受付:19時15分〜

参加費:1500円


古武術、武術を基にした身体操作は、部分的ではなく全体的にバランスよく身体を使っていく運動です。
肩や腰、首などが凝りやすい方、日常生活で疲れやすい方におすすめです。
効率のよい身体の使い方を知って日頃の動きやスポーツの動きを見直しませんか?
立ち方、歩き方、座り方から始まり、発想の転換をする事で、今まで何となくやっていた様々な動作を見直しませんか?普段無意識に身体を酷使してしまい、気付いた時にはもう疲れ果てていた。
そんな身体の声を聴いて行くのは大切です。色んな動きを通して身体からの声を丁寧に聴いていきます。
激しい運動はほとんどありませんので、初めての方でも軽い運動が出来る方であれば、どなたでもご参加出来ます。


老若男女問いません。ご都合のつく方、ピンと来た方、少しでも気になる方は是非どうぞ!のびのびとやっていますので、気軽に来てみてください!


*運動しやすい服装でお越し下さい。
*場所は海老名駅、伊勢原駅から徒歩圏内です。
*詳細な場所はメールを頂いた方にご連絡致します。

ご質問やお申し込みはお気軽にお問い合わせ下さい!


posted by シンイエ at 09:10| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。