2015年04月20日

身体操法講習会 〜卓球〜

先日は、身体操法をご指導させて頂いている卓球スクール夢想塾での講習だった。
夢想塾ブログ
http://ameblo.jp/musou-juku/

ここでは講習に来られる方が皆さん元気で、そして熱心で、こちらもご指導させて頂いていてとても勉強になる事があるし、もっともっと伝えたい!という気持ちになってくる。

和気あいあいとしながらも、皆さん自分の身体とよく対話していて気付きを得ていっているようだ。今回の内容は、肩甲骨の動きから入り、手の握り方の違いについてと杖の動作について行った。


肩甲骨は普段、運動をしていない人は意識することがあまりない。運動している人でもついつい忘れていたりする。そういった人は肩甲骨が思うように動かせない。肩甲骨に意識がいっていないのと、その周辺が硬くなっていて動きを制限してしまう。という訳で肩甲骨の可動域を拡げる運動を行った。肩甲骨を上げる、下げる、寄せる、開く等々、色々な方向へ動かしていった。
肩甲骨周りが硬直していると、肩も上がりやすくなってくる。そういう時は、肩を落とすという感覚よりも、肩甲骨を落としていくという感覚でやった方が、肩が落ちやすい。

IMG_3856.JPG

という訳で肩甲骨が動いている所を確認してもらっているところ。
これをやると大抵の方からは「気持ち悪い」と言われます(笑)。別の生き物が動いているみたいに感じるようです。





手の握りについては、普通にギューッと握る状態と包み込むように握っていく状態との違いを検証。たったそれだけでも大きな違いがあります。また、身体のまとまり具合も変わってきます。

IMG_3890.JPG


杖を通じて捻らない、身体の連動、道具に馴染む稽古をしていきました。普段、意識しない肩甲骨も大いに動かしていき、可動域も広がります。

ここに来られる皆さんは、杖に対して熱心に稽古しています。杖は頭で考え出すとたちまち、どちらの手が前で後ろでどちらの足が後ろで前?といった具合に混乱します。身体の感覚に従う練習にも良いです。

IMG_3864.JPG

aaa.jpg

ここでの講習は、皆さん反応がよく積極的に発言して下さるので、こちらも学ばせて頂く事が多いです。また卓球以外でも、日常生活や他のスポーツについても色々とお話しさせて頂いたりするので、とても刺激になります。今回もありがとうございました!




posted by シンイエ at 09:47| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

雨の日の稽古



先日は、もう月1回が定着しつつある金山孝之さんとの高田馬場での稽古があった。この月に1回の稽古は本当に貴重で、気づきも多くあり、いつもとても実りの多い稽古となる。今回は雨が降っていたが、都会のビル群のネオンと雨のしっとりした雰囲気が、何とも言えない哀愁を漂わせていた。私は都会が苦手で人混みも極力さけたいのだが、乱立するビルのネオン、特にヘリコプターにビルの高さや存在を示すあの赤い灯が何とも言えず好きだ。


話が逸れてしまったが、今回の稽古について。
今回は、杖の足と腕の連動で動いていく動作や、剣術の脚の運び、体幹の重さを伝える事の稽古をしていった。最近、本当に脚部から肚にかけての身体の使い方に気付いてきてからは、まるで自分が別人のように感じたし、何か少しだけ、ほんの少しだけだが、先が見えてきたような気がして本当に嬉しくなった。それで、今回はこの身体の使い方の方向性が果たしてどうなのかという事を、金山さんとの稽古を通じて検証して行きたい気持ちもあったので、杖や剣を使った稽古は正にうってつけだった。脚部と肚の関係に気付いたせいもあってか、杖を使っていても剣を使っていても、始めは腕を使っている感じがいつもより強くでている気がした。落ち着いて、下半身を繋いで行って腕を使わないようにしていくと、やはり今までとは実感として違う動きになっていた。金山さんにも、なにか変わりましたね、大きくなったような気がしますと言って頂き、方向性は逸れすぎてはいないのだろうなと感じた。

金山さんの杖や剣を扱う時の身体の使い方は、本当に纏まっていてブレがなく、見ていていつも気持ちが良い。特に袈裟斬りは身体は全然動いていないのに、剣が動いてピタッと止まるところは、身体と得物を通じた動きを深く考えさせられる動作である。

体術では、自分の最近の気付きをお伝えし、稽古した。また背中の張りや、肩甲骨の具合、肩の落ち方などの感覚を色々と検証していった。やはり相手がいると、全くやる時の感覚が違ってくる。接触している部分の誘いが強く、そちらに意識が行きがちになってしまう。これは、対人稽古でしか得られない感覚なので、とても貴重だ。昔の様に勢いでやってしまうという事も殆ど無くなったので、お互いの感覚を磨いていくには、かなり稽古されている方との稽古は本当に勉強になる。

その後、普段ご指導されている生徒さんが来られ、私は見学と自主稽古という形でもう少しお邪魔した。

自主稽古では手の内の使い方に変化があり、手の握り、肩甲骨の寄せなど改善点があった。また水を切る手という動きも発見した。これは手が濡れた時に拭くものがない場合は、手を振って水を切るが、この時にある独特のアソビが取れる感覚があった。

来られた生徒さんは本当に真面目な方達で、黙々と、しかしよく自分の動きを吟味しながらやっていったように見えた。ただ型を繰り返すのではなく、絶えず工夫していく姿勢が、金山さんの指導を通じて身に付いているのではないかなと思った。

こういった指導者に出会える生徒さんは、本当に良いご縁に恵まれたのだなぁと感じる。
そんな金山さんは、剣術や杖のみならず、生き方の姿勢を学ばせてくれる今では珍しい方の1人です。都心で休日、平日共に活動されているので、興味を持たれた方は1度行ってみると面白いと思います。

金山さんのブログ
http://kanayamatakayuki.blog.fc2.com

金山さんの剣術スクール
http://www.tate-ken.com


毎回様々な発見がある場をご一緒させて頂き、嬉しく思っております。今回もありがとうございました!


posted by シンイエ at 14:02| Comment(0) | 武術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

自然に学ぶ A


つづき



食事は生き物には大抵必要である。全く何も食べずに生ける人などいない。幸か不幸か、今は飽食の時代で何でも手に入る。餓死者は昔に比べれば殆どいないだろう。


しかし、肝心の食べている中身はどうか。極端な例ではあるが、コンビニのおにぎり、カップラーメン、野菜不足なので野菜ジュース等々。そこには「いのち」がない、と東城先生は仰っていた。その「いのち」とは何か?添加物まみれの食品やコンビニのおにぎりは殆ど機械が作っている。そこには情も何もない。栄養価の事等よりも美味しく、見た目がよく、また食べたくなる様にされた味付け。それが悪いとは言わない。そうであるという事。


ただ、そういったものばかり食していると、工業用水の様にどんどん身体の中が汚くなってくる。前回のブログに記入した通り、水がヘドロに変わってしまう。これではいかに環境を良くしようと思っても、元々の水がヘドロではどうしようもない。ここに東洋の心身一如の考え方が入ってくる。環境を良くしても水自体が汚染されていれば、不調になるだろうし、水がいかに綺麗でもゴミだらけの環境だったら忽ち水は腐ってしまう。どちらが欠けてもよろしくない。互いがバランスよく補い合う。そういう関係が理想的だと思う。


だからと言って、この運動は身体に良いからやろうだとか、この食品は健康に良いから食べよう、では当然おかしなことになる。頭でっかちになるだけだ。こうなると極端になりやすい。ずーっと同じ動きをして、同じものを食べて健康か。それこそ不健康になってしまうだろう。やはりバランス。
そして食べる事自体もバランス。食べ過ぎてばかりいないで出すことも大事、と東城先生。今は、殆どの人が過食気味なのではないかな。だから時には断食だって必要だと思う。お腹が空いて初めて本当に欲してるものが分かったりする場合もあるから。


多くの人は外へ目を向けがちだけれど、たまには内に向かって目を向けて、裡なる声を聴いてみるのも良い。
改めてそんな事を感じた講演会でした。



posted by シンイエ at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。