2014年10月27日

手の柔らかさ


手が硬い。
ただ単に柔軟性という観点だけでなく、強張っているというか力んでいる。
東洋的身体観から見れば、手は体全体に関連しているという。
一例を挙げれば、掌の真ん中、労宮というツボを押すと、気持ちが落ち着き、スッキリする。

手の強張りから、体全体の強張り、緊張へと繋がっていくという事が、ここ1、2年の間に徐々に実感してきた事だ。

物を雑に扱う。
ドアをバン!と閉める。
湯呑みを力強く持つ。
力が抜けない。
こういった事は少し意識すれば気が付く。

物を丁寧に扱い、ドアは優しく閉め、湯呑みは最小限の力で持ち、手をリラックスさせる。
こうすると自然と体の力も適度に抜けてくる。

武術的にも手の形を変えるだけで、思いがけない力が出てきたりする。

グッと握りこぶしを作った状態で体を押されるのと、手をパーの様に張りを持たせた状態で体を押されるのでは、想像では握りこぶしの方が強そうだが実際にやってみると手をパーにした状態の方がしっかりしているのが実感できると思う。

また何かを握ったりする時も、漠然と握るのと、指先から握っていくのでは身体の状態も違ってくる。

ヨガでも、アサナを行う前に手や指をほぐすと、やらない状態よりも楽にポーズが出来たりする(指ヨガ)。

緊張していると手に力が入って握りこぶしになることがあるが、リラックスしていて握りこぶしをグッと作る人はあまりいない気がする。

とまあ、手一つとってみても中々奥深く面白いものがあります。





posted by シンイエ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

アサナ


今日は時間があったので、奥さんと奥さんの妹にいくつかアサナの写真を撮ってもらった。
ここでヨガ関係の事を書くのは久しぶりな気がする。
私の場合、何かを一意専心に努めることはできないので、
ヨガとか武術とか身体を使うことを全般として、学びを深めていきたいと思っている。
色々やっていくと、一見関係ないような事に繋がっていたりするので、かなり面白い。

今回、写真をアップするのは現時点での私のアサナである。
アサナとは現在一般的に広く知られている、主にスポーツクラブ等で行われているヨガを指す。
え、それがヨガじゃないのという方もいるかもしれないが、それも含めてヨガという方がいいかな。ヨガのある段階がアサナで、動禅行法とも言う。座禅はよく聞くが、それは座って禅をする。
動禅はポーズをとった状態で禅を行う。
禅とは何ぞやというのは、またややこしくなるので別の機会に。

つまり本来は単にエクササイズという観念だけでなく、姿勢や動作を意識的に正して、
呼吸と姿勢と動作を一体化する訓練という事になる。それによって生命のバランス維持力や心身安定力、適応力を高めていく事を目指す。(「生活ヨガの十段階について」参照)
その為、決して無理をせず、自分の身体の声を聴いて、自分の今できる範囲内で行う事が肝要になってくる。
とにかく、ただ単に体が柔らかく、インナーマッスルが鍛えられるという事だけがヨガではないですよという事だけは知っておいて頂きたい。

そしてポーズの完成が目的でないことは声を大にして言っておきたい。
これは私と奥さんが学ばせて頂いている龍村先生が講座の中で仰っていて、非常に腑に落ち、考えさせられる事でもある。
こんな事を書き始めたらそれこそ止まらなくなってしまうので、早速紹介していきたい。



さて、まずは鍬のポーズ。
これは疲労回復や自立神経が整い、背中や首の筋肉が伸ばされて縮みが取れ、血行が良くなる効果が期待される。このポーズは私が奥さんにヨガを色々聞き始めた時に初めにやりだしたポーズで、これをやっていくうちに自分の身体が変わって行くのがハッキリと感じられて、これから私のヨガ人生が始まったようなものである。
IMG_3408.JPG



別アングルで。
IMG_3411.JPG



続いては弓のポーズ。
これは腹部、胸部、腿の前面、体の前側を伸ばして腹部内臓を刺激してマッサージし、腹圧を高める。積極性が高まる事が期待される。
IMG_3438.JPG



お次は犬のポーズ。
脚裏部の縮みを取り、内臓の位置、肩部、骨盤の位置を調整して、良い姿勢の基礎を作る。
IMG_3448.JPG



最後は倒立のポーズ。
逆さになる事で、立位で偏った血流が調和される。脳への血流効果が高いので記憶力や知力などの能力向上にも役立つ事が期待される。
IMG_3428.JPG



色々な方に、元々身体は柔らかかったんですか?と聞かれるが、初めから柔らかい人は稀だろう。私も元々は立った状態の前屈で指の先も床に付かない位硬かった。
しかし、それ位硬かったお陰で身体の変化がハッキリと実感を伴ってわかってきて、そんな身体の変化が楽しかった。そんな楽しい事がやめられず、今に至る。
今回はヨガの事なので書かないが、武術においてももちろんそう。毎回色々な発見、気付きがあり、学ばせて頂く。それが楽しくて仕方がない。
身体が硬い人ほど無理なくヨガを行っていって、自分の心身の変化を実感していってもらいたいと思う今日この頃です。

posted by シンイエ at 10:28| Comment(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

活力


最近はブログをさぼっていた訳ではないが、どうも書く気が起こらなかった。
無理に何か書こうと思っても嫌なので、そのまま放っておいた。

この一か月間でまた感覚が変わってきて、集中力と活力の質が以前と違うことに気付いた。
きっかけはちょっと不思議な出来事だった。
数日前に寝ている時に夢を3回見て3回、目が覚めた。
どれも自分が殺される夢だった。
最初に目が覚めた時には、自分の呻き声で目が覚めて、起きると心臓がかなり痛くなっていてビックリした。
それから落ち着き、また眠りにつき、2回目の夢で目が覚める。
また寝て、最後の3回目で目が覚めた時に、背中の胸椎4、5番辺りから何かがスゥーっと抜けていく様な感じがした。

このちょっと不思議な出来事が起きてから、徐々に活力が湧いてきて、それに伴って集中力も変わってきた。
最初は死んだーと思ったけれど、どうやら生まれ変わったらしい。
こんなのは後々のこじつけじゃないかと思われるかもしれないが、そうかもしれない。
ただ自分の実感としてはそうだったという事。
何とも面白い体験をした。



先日行った卓球の方向けの講習会では、改めて重心について考えさせられた。
来られていた方の構えや動きを見ると、前につんのめっている様な印象を受けた。
これは、胸部や頭を起点として動いていると重心も上がってしまい、動きが持っていかれやすく振られやすい。
更に、やや爪先立ちで前のめりになっていたので、一旦足裏全体を優しく着けてもらい、腰肚を起点として構えて頂いた。
これには、つま先立ちの前のめりよりも足の負担が減り、動き始めも楽になったと言って頂いた。

重心の移動という事については、相手を押したり引いたりして色々検証しているけれど、
やはり胸や腕が主体で、しかも寄り掛かってしまうという状態になりやすい。
これだと重心が移動していくという稽古とは違ってくるので注意。

posted by シンイエ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。