2014年08月19日

色々な見方

以前にも書いたけれど、腿裏が硬い。これを遡って行くと、肉離れが影響しているのではないかということも以前書いた。今回はもう少しこれを掘り下げて、自分自身の整理というか、辻褄があっているのではというのを確認してみたい。

高校の時の肉離れの時期に、目が悪くなるのとほぼ同時に自分の身体に起こった状態があった。それは緊張だった。授業中、教科書を立って読むのは小中高のほとんどの学校である。今まではなんてことはなく、当たり前のように読んでいた。しかし、この時期に急に緊張する度合いが増してきた。立っただけで足が震えて、話す時の声も上ずる。胸が詰まり、心臓がバクバクして思うように話せない。これは、自分自身でも何が起こったのかと思い、強い印象として今でも残っている。
それ以来、人前に出るのが苦手になった。
もちろん、当時は何故こんな状態になってしまったのか分からなかった。他にも、緊張しすぎてお腹が痛くなる事もよくあった。そこから、そのまま歳月が流れて行き、会社に入ってもこの状態は変わらなかった。入社して何ヶ月か後に酷い頭痛に苛まれて、突然後ろから金属バットか何かで殴られる位の衝撃もしばしばあった。それで病院に行って脳の画像も撮ってもらったが、異常なし。結局、先生からは緊張性の頭痛と診断された。確かに、会社にいた当時は毎日極度の緊張状態で、家に帰ってもその緊張状態が残っていて休まる時間がなかった。その後、仕事を変えてから頭痛は嘘のように無くなった。
以前は常に緊張、不安、周りの目、将来、人生といったものに押し潰されそうになっていたのだと思う。


と、まあここまでの話はサラッと流して、この状態について、現時点での私見を述べてみたい。

腿裏、ふくらはぎの裏、アキレス腱等の硬さ、ツレ等々。この辺りは経絡では腎、膀胱系にあたる。腎とは、肝腎要と言われる位に身体の中でも大事な部分だ。足裏にある湧泉というツボは、元気が湧き出てくる泉として知られているが、反射区で見るとここの箇所は腎、副腎なのだ。ヨガでは反るポーズが腎の力を高めると言われる。弓のポーズやコブラ、バッタ等は良い例だ。修正法では湧泉を押して、背中の反り具合の変化を見るのもある。関連部位といい、一見関係なさそうに見えても実は関係がある。猫背で腹が潰れていると、内臓機能も低下し、姿勢も悪くなり、もちろん腎も弱まる。やる気のある人が猫背でうつむいているはずもない。
腎は生命力。そう感じる。
つまり、猫背で、腿裏、ふくらはぎの裏、アキレス腱が硬く、いつもうつむいていて、緊張や不安に押し潰されそうになっていたのが前の自分だったのだ。更に膀胱系でもあるので、不安や緊張に駆られ、トイレへ行きやすくなるのもその為だと思われる。よく妻からは、腎が弱いと言われていたので、ヨガでは反るポーズを多めにやったりしていた。これだけでもかなり効果はあった。
まず、以前に比べて、人前であまり緊張しなくなった。寧ろその場を楽しもうとさえ思えてくる。また不安や緊張も極度に少なくなった。武術の、今の今を生きる考えや、ヨガの今の自分を観ていく事について、以前よりも身体を通しての実感がある。


腿裏が硬いと骨盤も後傾しがちになり、姿勢も悪くなる。
姿勢が悪くなると内臓にも負担がかかり、肩こりや首こりはもちろんのこと、何よりも実感としてはやる気が出ない。これも腎と関係してると思う。こう書いていると腿裏が硬いのが全て悪いみたいになってしまうが、決してそうではない。ただ見解の仕方の一つと考えて頂きたい。


部分即全体。
硬くなっているという表面的な部分と、経絡やエネルギーの内面的な部分。これらのバランスがあって初めて健康なのだと思う。詰まってる状態が当たり前になると、そこが麻痺してきて気付かなくなる事もある。
陰陽の関係。
滞りのない流れる水の如し。
これらの関係性をよくよく吟味して、考えを深めたい。


posted by シンイエ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。