2014年07月19日

風が吹けば桶屋が儲かる

目が悪いのは、近い所をずーっと見ていてゲームばかりしているから。
そんな事を昔から言われていて、いつしかそうなんだと思い込み、目が悪くなってきて、あぁ本当にそうなんだなぁと思っていた。一般的な見解ではそれは正しいのかもしれない。

しかし、東洋の身体観というか考え方は部分即全体であったり、経絡の様な考え方で、そこの部分だけの問題だとは必ずしも言えない。一見全然関係ないと思っている所でも実は密接な関係だったりする。

記憶が曖昧でなければ、高校2年生位の時に目が悪くなり始めた。
当時から最近までは、近い所の見過ぎ、携帯、ゲーム、パソコンの使用時間が長い、遠い景色を見ない、一度目が悪くなると元に戻らない、等々目に対する考え方というのはこれら位しかないかなという具合だった。もう目が悪くなっちゃったからしょうがないか、こんな目と付き合って行くかと決めていた(笑)。

ところが最近、東洋の身体観を学んでいてふと思った。
目が悪いのは目だけのせいではない。
そう思って半年位前から、目に関連する部位をヨガで刺激を与えたり、目の運動を行ったりしていた。しかし、何かしっくりこない部分があるなと心の片隅で感じていたのだが、それが何なのかよく分からなかった。そして、何かの話の折に自分の事を話していてハッと思った。腿裏ではないか、と。これも高校の時だが、当時中国の武術映画と知り合いが少林寺拳法部に入った関係で、武術に興味を持ち色々鍛錬していた。
特に柔軟運動は念入りにやっていて(今の様にヨガのやり方、三密や身体の声を聞くという事を殆どやっていなくて、がむしゃらにやっていた)大体開脚などもベッタリついていた。
確か前後開脚だったかをした時に、バキッと今までに聞いたことのないような音を聞いて、それがおそらく肉離れだったのだろう。
若気の至りなのか2回も腿裏の腱を切ってしまった。
あの時の音は鮮明に残っていて、本当に自分の身体から出た音なのか不思議だったのを今でも覚えている。学校でも椅子に座ると痛いので、空気イス状態で座っていた。
それも鍛錬と受け入れていたのは今の自分とあまり変わっていないかな。
その時は医者にも行かずに自然に治った?後にまた前後開脚をやっていたが、高校を卒業してから次第に柔軟系の運動はヨガを知るまでやらなかったので、身体もどんどん硬くなっていった。
そんな経緯があったのだが、よくよく思い出してみると腿裏を肉離れしたのと目が悪くなった時期が重なっているのだ!
これにはハッとした。
そこで今までのしっくりこない感じが全て腑に落ち、何か全部繋がったと直感したのだった。

それからというもの、腿裏を中心に身体の調整やヨガを行っている。
目は気持ち程度だが良くなってるかなという感じで、それとは別に重心が落ちたり、座っている時の床に張り付いている感じが今まで以上だったりと思いがけない所でも効果がある。これも部分即全体なのだが。

床に張り付いているというのは、ヨガの先生の座っている姿を見た時に、あっ、張り付いている!と衝撃を受けた事があった。初めてヨガに参加して、ポーズや考え方も凄いと思ったが、それ以上に座っている姿に目を見張った(笑)。骨盤が完璧に起きていて、赤子の様な座り姿勢だった。
それ以来、あの座り姿は折に触れて思い出す。ポーズの時も何気無くやられるが、それがよくよく考えると凄い。見た目にアクロバティックな大胆なポーズとかの凄さではなく、当たり前の様にやるのだけれど、実際やってみると全然出来ない。そんな凄さ。座る姿勢一つとっても凄さがあるのは、とても学ばせて頂いた。

甲野先生もそうだが、何気無い所にとんでもない凄さがある人は中々お目にかかれない。それが身体を使っている人の面白さだと思う。

話がそれてしまったけれど、目の関連性はこれからも探究していきたいテーマである。

posted by シンイエ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。